ホメオパシー体験談「ワクチン」

ホメオパシー体験談

ホメオパシーセンター新潟上越でのクライアント様の体験談です。

30代女性

ーーーーー

自分も含めて家族にあまり薬を使いたくないという想いと、
ワクチン等の毒出しをしたいなぁと思ったことがきっかけでした。

私はもともとアトピーがあり、肌が弱いのですが、自分の汗や生理の経血によって
肌がかぶれ、湿疹ができてしまったり、じゅくじゅく膿んでいました。

二タックを2回程出していただき今ではあまりトラブルに悩まされなくなりとても楽になりました。
また、生理前、生理中に自分でもおさえられないくらい、イライラしてしまい、
感情の起伏が激しくなってしますのですが、シリカをとるととても落ち着きます。

子供も熱や咳、鼻水、膿みが出ているetcの症状の際、大変お世話になっており、
それぞれの症状にあったレメディーをとると治りがとてもスムーズです。

以前子供が急に暴力をふるったり、つばを吐いたり、いじけたり、急に奇声を発し、
呼び出したり、じっとしていられないという、、親の私から見て自閉症のような症状が出た際に、
レメディーとマザーチンクチャーを出していただきました。

そちらを飲み始めたらそれらの症状が、びっくりする程、落ち着き、
それまでホメオパシーを全く信用していなかった主人もかなり驚いていました。

今回の症状は精神的なストレスや不安、ワクチンの害など原因は一つではなく
様々なものが重なったのだと思いますが、もっと子供のことをよく見て
小さなサインにも素早く気づいてあげる事が必要だったねと夫婦で話し合う貴重な時間を作る事ができました。

偏頭痛もちの主人は頭が痛くなると吐き気も伴い、強い鎮静剤がなければ治らなかったのですが、
ソーファーをとるとすっと痛みがひいてしまうそうです。

ホメオパシーは肉体的なものはもちろん、精神的なものや急性の症状にまで効果があり、とても驚きました。

また、その症状自体をただ抑えたり、そこだけにフォーカスするのではなく、
その原因がどこにあるのかという事が大切で、すべてはつながっているということを学びました。

ホメオパシーと出逢う事が、自分自身の事はもちろん、
家族の事をよく観察し、きちんと向き合うきっかけになりました。

カラダとココロ、そして、医、食、住 などその人を取り巻く様々な環境に寄り添い、
幅広い視点からアドバイスをもらえるので、この上越という地に利恵さんが居て下さるという安心感。
とても心強いです。

自分達できちんと生活のベースを作っていけるような暮らしを目指していけたらなぁと思います。
その気づきときっかけをくださった利恵さんに、ホメオパシーに
感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも本当にありがとうございます。

ーーーーー

ホメオパスコメント:いつもありがとうございます。
ていねいにご家族と向き合い、暮らしを大切にしているNさん。
ホメオパスでは見つけられないレメディも母だから見つけられるのだと思います♪
母ちゃんはスーパーマンです!

関連記事

ピックアップ記事

2017.5.26

インナーチャイルド・・・・

「インナーチャイルド」って何なんだろう??? 「わたしのなかの、ちっちゃなわたし」って何なんだろう??? …

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る