ホメオパスのわたしが ホメオパシーをすすめていないわけ。

わたし。。。
「ホメオパス」という「ホメオパシーの専門家」をしておりますが
基本的にホメオパシーやレメディをお勧めしておりません(笑)

毎年 ちび連れで講座行脚をさせていただき

img_1083
年間100~150回の講座をこなしておりますが
毎年 「ホメオパシー講座」はここ数年0回♪

そんなことをネタにして 「ホメオパシーを勧めないホメオパスです♪」っていっていたら
フェールアンカランの あゆみさんがわざわざ「りえさんのホメオパシー講座 レアですよ♪」って
企画してくださり、
今年は久しぶりに 一回話しました(笑)
http://www.faire-onlineseminar.com/kojimaseminar/homeopathy160407.html

じゃあ どうしてわたしが ホメオパシーを勧めないか?
と、いいますと。。。。

◎ホメオパシーを始める前にやることがもっとあるから!!!

以上です♪

ホメオパシーは「自己治癒力」にスイッチを入れるものです!
ですので、「自己治癒力」「生命力」が本来持っているものをフル稼働させることができない状態で
レメディ頼みにさせるのは もったいないと思うのです!!!

朝 菓子パン
昼 給食
夜 とりあえずコンビニおむすびをたべて塾に行き 帰宅後 お菓子をつまみながら勉強
っていう子が レメディを使っても何にも どうにもならないと思うんです。

夜中まで ケータイやゲームにはまっている子の倦怠感を
ホメオパシーでどうにかなるなんて思えない。

会社と自宅の行き来だけの毎日で 
その方法も 車を使っている。という方の冷え性を

健康相談だけで治すことなんてできない!

って、思っています。

ですので
毎日予約でいっぱいの健康相談ですが。。。。

「朝食を ご飯に変えて 2ヶ月たってもかわらなかったら もう一度きてね♪」
「夜22時までに寝るることができるようになったら ホメオパシー面談に入ろう!」
というような 日常生活指導がほとんどです♪

はたまた
「レメディ依存は 薬依存と同じです!」
「これは 四の五の言ってないで急いで病院だね」
「ホメオパシー範囲ではないよ。オステオパシーかちゃんとした整体に入ってください。」
という話をすることもあります。

そうすると
「いやいやいやいや ホメオパシーで手っ取り早く」と、おっしゃる方もおられますし
「こぢまさんに 病院にいくことを勧められるなんて ショックです!」
と、しかられたこともあります。みなさま!
わたしは「ホメオパシー普及」が目標ではありません。「すべてのこどもたちが元気になってほしい」
それだけなんです。そのために わたしの知っている限りの 

最短ルートで魂から心身ともに元気になることができるための手段を提案します。

それだけです。

その方法が
ホメオパシーのこともあるでしょう。
医者に行くくらいの緊急性があるときもあるでしょう。
ホメオパシー。という細胞レベルからのアプローチだけでなく、カラダの中身を守る器の問題のときもあります。

もちろん
日常生活で改善できることがほとんどですし
ホメオパシーを使用するにしても みなさまの治癒力や生命力は 高いほうが良いに決まってます。

なので
◎ちゃんと「食べる」ということをしてね。

◎ちゃんと「カラダも頭も心も眠る」という睡眠時間をとってね。

◎入れた分はだすんだよ!入れるより大事よ!

◎しっかり「カラダの機能を隅々まで使って!」あそべ~~~!!

◎一日三回は大笑いしましょう♪くすぐってもいいから♪

◎あそんで熱をつくることができるようになったら「あたためよう!」(冷やさない)

◎そして肝心要の「鼻呼吸!!!」

が、できることのほうが レメディをとるより
頭とお金だけ使って 治療ジプシーするより 
数百倍大事!!!だと思っておりますし
臨床経験からも 確信を持っております!!!

逆を言えば
何でもかんでも自分の治療や 自分のメソッドに固執して
治療や自身をすすめる セラピストや治療家さんは ビジネス化していないかちょっと注意が必要だし
(受け手がわからなくても 経験に基づいて治療や施術をされている方はいいんですよ♪
あと、ビジネスもいいんです。

ただ、治せないのに、結果が出せないのに通い続けなければならないとか、

通い続けなければ維持できない健康。

で、あれば もうちょっと自分でできることはないか考えてもいいかも♪)

さらに
セラピストさん、治療家さんは(持論でいえばお医者さんもそうなんだけど)
「自分の範疇に抱えることに固執せず、手放すことのできる判断力と勇気」
必要だとも思っているのです。

ようするに 信頼関係の中で
双方が「クライアントさんの心身の健康」に向かって寄り添うことができているか?
ということが大切だと思うのです。

ですので
わたしは 「ホメオパス」ですが 
ときに 看護師の頭で医療的にも観察するし
ときに ホロスコープをつかって 興味を引っ張ることもしたいし
ときに メタトロンで 視覚的に カラダを客観視することも提案したいし

なによりもなによりも
おかあさんが 家族の健康をつくるひとであり 守る人であり お医者さんである。ということと
おかあさんの笑顔が こどもたちに元気 そのものです!!!
と、思っているので(笑)

ホメオパスだとか
看護師だとか
そいういうことではなくって

とにかく
こどもたちが!
みんなが!
元気になるために、底上げ応援団なのでありまする♪

たのむぜ!
かあちゃん♪

img_0821


セミナー情報

12月中に上越市内にて国民投票のお話
12月23日(土)横浜 これだけは避けておきたい子育てNGいろは
1月6日(金) 上越市 カラダの基本と冬の感染症対策
2月26日(日) 三重県伊勢市 内容未定
3月11日(土) 岐阜県岐阜市 内容未定
3月12日(日) 名古屋市 国民投票のお話 国民投票のお話上級編

 


健康相談のご予約

通販のご案内

web-shop-banner-red2

関連記事

ピックアップ記事

2015.7.21

ワクチンセミナー講師養成講座の根っこ

ワクチンセミナー講師養成講座を 昨年受講してくれた全国の仲間が 新しい制度やこれからの動向を学ぶために それぞれがなんとかなん…

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る