その「支援」はだれのため?②~じゃあ、そうするか???~

そんなこんなそんなこんなを
まさに「目の当たり」にしてきて

いままで自分が行ってきた
《支援の仕方》
に、疑問と温度差とタイムラグを大きく感じたのです。

~報道・SNS・うわさと、現実の違いについて感じたこと~
◎報道で流される情景は本当に「恐怖」と「同情」を呼ぶものである。
◎報道はもっとも衝撃的な映像を選び、その映像をもたらした地域にだけフォーカスする。

◎現実として、今回のこのブログの例のように「高知県」とはいえ、範囲が広いので局部的な災害の場合の情報は「県」単位のくくりで判断してはいけない。ということ。
→だって、高知の一部ではひとつの自治体が丸ごとのまれ、またひとつの自治体ではなんともない日常だったの。
→コンビニのおじちゃんが興味を持たない程度の降雨量だったってこと。

◎そんなこんなの情報と現実の違いがあるなか
「大変だ!大変だ!!!」と、行くあてのない(受け入れ先の決まってない)ボランティアさんが現地に行くということは、
→交通渋滞をつくる。
→物流の妨げにもなる。
→緊急車両や工事車両の往来の妨げになる。
→災害後の片づけをしている方々を、自分(ボランティア側)の記録としてプライバシーもなにも関係なく撮影されるとか 。
→わずかなホテルやコンビニやスーパーの食料がボランティアさんの需要で埋まってしまう。

◎「現地にはいけないけど。せめて。。。」の気持ちの【物を送る】ということが
→ただでさえマンパワーの足りない環境で、「仕分け」に人手と時間がとられる。
→「善意」なのだけれど、「まだ使える」「結構きれい」の基準は人それぞれなので、「受け取りたくないもの」がスパースやエネルギーを奪いすぎる。
→遠方よりものを送る。ということは「宅配業者」さんを利用する。ということ。宅配業者さんは交通事情のよくない中、突然配送口の増えたその荷物を配送。もれなく、交通渋滞&受け取る営業所の混乱を招く。

◎義捐金と支援金の違い。
(「公平」という名のものと、何に使われるかわからないちゃりん♪。みんな、コンビニやスーパーでおつりや小銭を募金することによって、平和に暮らしていることの罪悪感を払拭するでしょ。全国のすべての人がそう感じてくれたら、その程度の支援でも十分なのだと思うのだけれど、募金先=使い道がおかしい!!とか)

◎報道のための支援。
(お涙頂戴な情報や、政治家の活動を支えるような報道の偏りとか

◎政治のための災害支援。
(全国から届いた支援物資をコンビニに置くとか)

などなどなどなど
そんなこんなのリアルな縮図を

自分が受けてきた支援と(新潟は田舎なので被害は少ないですが、被災の多い県ですので、たくさんの支援をいただいております。)

自分が行ってきた支援と

初めて
「被害にあう瞬間」と「被害にあうかもしれない区域に存在していた」ということを経験して

【支援を必要とされている方が必要な支援をしたい】

って思ったんです。

【支援を必要とされている方が、支援を必要とされているタイミングで、必要な支援をしたい】
って、めっちゃ感じたんです。

【支援をしたい人】のための支援ではなくって
【被災したけれど、もう一度「いままで」をとりもどすためにがんばっている方々】の支援でありたい!
って、めっっっっっっちゃ思ったんです。

だから
【マンパワー】が一番大事だ!!!
って、思いました。

でも、
わたしには、わたしを必要としているこどもたちが暮らしの中にいて。

それをないがしろにすることにすることはできない。
けれども、じっとしていることもできない。

じゃあ、
どうしよう。。。。。
って、ずっと考えながら瀬戸大橋をわたっていて。

①被害にあわれた方の邪魔はしない。
②災害支援をされておられる方々、復興支援をされている方々の活動やお仕事の邪魔にならない。
③遠方からでもできること。
④メディアが報道しなくなっても、「被災者さんの必要とするタイミング」で応援したい。
⑤「被災された個人」だけではなく「その地域丸ごと」を応援したい。

ことを網羅しながら
やれることを考えてみました!!!

そしたら
神様はがすっごくいいことを教えてくれたの♪

それはね。

◎「被災地を応援したい人」の気持ちや形を束ねるリーダー

◎「被災地のニーズ」をしらべてまとめて、報告してくれるリーダ

◎「被災地」「現地」「避難所」に荷物を届けてくれるお届けリーダー。

◎「被災地」「現地」「避難所」に届けるための荷物を、現地から一番近い場所で調達してくれる、お助け物品調達リーダー。(←これって、すごく大切!!!だって、同じ高知県の中で高知市は何事もなく日常で、お隣の宇和島市では宅配業者さんの営業所が水に飲まれてしまっている。ということは???一番近くで、買い物をして最短距離で届ければいいじゃない♪需要と供給のめぐりも早いし、経済的な循環も県単位で潤えば買い物でも応援できる!)

に、できる人ができる範囲で&自分の意志でたちあがってもらい

とにかく「現場の」「リアルな」「本当の情報を」「密に取り合い

一刻一刻と変わって行くニーズに
リアルに、緻密に、必要なタイミングで応えて行きたいな~。
と、思ったのです。

下記にこれらを想いにした7月11日のfecebookの投稿を張っておきましたので、よかったらご覧ください。

いつもありがとうございます。

これからもよろしくおねがいいたします。

(このブログを書いているのが7月15日です。
この時点で、たくさんの遠隔支援をいただき、リアル支援に形を変え、よい循環をつくっております。報告は、またあらためて。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※わたしたちの規模での支援の方法なので、すべてではありません

また、
◎全国各地でまとめる、あつめる係
◎災害に会われた方々の需要をしらせてくれる係
◎被災地のちかくの地域で、必要なものを購入し、必要としている方々へまで届けてくれる係
◎避難所や避難所のちかくで荷物を受け取ってくれる係

と、 手分けしての
まちがいのない連係プレーでまいります!

よろしくお願いいたします♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今の現地の状況は
被災した地域が限局されているので
比較的食べ物を中心に物品はある様子。
(なんでも、外から送らなければならない状況ではない。ということです。)

でも
瓦礫、土砂の片付けで気持ちも、体力も、マンパワーも手一杯な様子。

飲料水の濁りはひどくしばらく支援が必要そう。

ということです。

したがって

◎水
◎米
◎衛生用品
◎掃除道具
◎マスク(乾いた土砂を吸い込むことを防ぐため←これは津波肺の経験をもとに、わたしの独断的判断です。)
◎SNSで大募集するほどでもない日用品の細々としたもの

が必要とのこと。

また、
所属やあてのないボランティアさんが
緊急車両の妨げになっているということ。

選別されていない
必要のない
タイミングの悪い
物資が次々届きこまっているということ。

したがって
「こまった!」というと
膨大な量が届けられてしまうことを懸念して
ヘルプが出せない。という悪循環がおこっていること。

「物資を送る」という善意の配送のために、宅配業者の往来が増え、復興に関わる工事車両の出入の効率が下がっていること。

などなどが見えてきております。

そこで
主要道路が復活するまでは

「必要なものを遠くから送る」ことより

届けたい場所に一番近い地域に住む方に
お金を届け

その地域で必要な品々を購入していただき
一番近くから発送してもらう。
という形を取りたいと思います。

ということで
公では、しばらくは「お金」を集うことになります。

世の中の「急性期」の熱が落ち着いた頃から
細く長くの支援が始まります。

頑張りすぎす
でも、あきらめない姿勢でよろしくおねがいいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
振込先

郵貯間送金

記号 11260
番号 38389561
上越だって動けば変わる無謀プロジェクト

郵貯以外の金融機関からのお振込

店名 一二八
店番128
普通預金
口座 3838956

上越だって動けば変わる無謀プロジェクト


 

関連記事

ピックアップ記事

2015.7.11

ビバ出産!!

妊婦ちゃんのあすみちゃんが 「どうしても!産む前に!!!」 って 開催してくれた 【妊娠前のカラダづくり】 【VIVA…

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る