「子離れをはじめた日」。

五月晴れが続いていますね。

あちらこちらで「いい季節ですね~」という声が聞こえてきて
本当にすがすがしい日々です。

わたしの住む新潟県上越市では
小学校の運動会はこの5月に行われるのが普通です。

「え?10月の体育の日に近い休日じゃないの?」と
よく言われますが

雪の降る地域であったり
春の田植え、秋の稲刈りは
女手も、子どもの手も、猫の手も借りたいのがベース(だった)農家の暮らしの地域ですので
この季節の運動会になっているそうです。

今日、
フェイスブックさんが「5年前の今日の投稿」を掘り起こして教えてくれました。

 

今、
反抗期真っ盛りで
かあちゃんとわたしは違うわ!真っ盛りで
「将来!」「「進路!」って大人はうるさいけど、そんなの簡単に決められない!という迷いと葛藤真っ盛りな
16歳の花盛りJKな次女が

小学校6年生だったときの投稿でした。

今でこそ
ゲンキでゲンキンで
「デレ少な目」なツンデレで
遊んでばかりの次女だから

こんな時があったこととか
いつもは忘れてしまっているのだけれど

5年前のこの日。

「あ~。もう、本当に大丈夫なんだ。」と
ほっとしたり
泣けてきたり
うれしかったり

まさかの
ちょっとさみしかったりしたした

「子離れの始まった日」になった日になりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

【応援団】

一年でもいいから普通の子みたいに暮らすことができれば。
少しでもいいから普通に笑ってすごしてくれれば。
一度でもいいから「生まれてよかった」って思ってくれたら。

そう思って
次女を育ててきた。

「育てる」
という意識はなかったかも。

守る。
生かす。
傷つけない。
リスク回避。

そんな感じかな?

そんな娘が
小学校最終学年の運動会で

直射日光の下で
半袖短パンで大きな大きな旗を振りまわして
応援団として大声を出している。

嘘みたい。
夢みたい。

次女と関わる全ての新しいタイミングで
すべての方々に

「生きているだけで100点の子なんです。どうか、ご理解ください。どうか、お許しください。」

と、頭を下げてきた。

支えられ、
守られ、
許しを請う、
応援される娘だった。

そんな次女が応援団!!!

しかも
競技中の仲間だけでなく
競技を終え応援席に戻ってくる
不本意の結果だった仲間にもエールを送っている。

「がんばったね~~~~。」
「大丈夫大丈夫~~~~!」
「かっこよかったよ~~~~~!」
「今までで一番だね~~~~。」
「相手も本気出してくれたんだね~~~。」

泣けちゃった。
泣けちゃった。
泣きすぎちゃったよ。

かあちゃん!決めたよ。

ずっと、みんなのこと応援してるから!!
ずっと、応援旗振ってるから!!!

もういらない!って言われても、
恥ずかしい!って、言われても、
ずっと大声で応援してる。

負けても
勝っても
勝ち負けや勝負ではないときも
頑張ってるときも
そうじゃないときも
いつも、どんな時も応援するよ。

ふと立ち止まってしまったとき。
立ち止まったことで、胸が苦しくなる時。
うまくいかなかったとき。
勝ち続けないとダメなんじゃないか。って思ったとき。

応援席に戻ってこれますように。
ここでチャージしてまた歩きはじめられますように。

分け隔てなく
すべての仲間たちを応援するよ。

貴方に教わったようにさ。。。

(でも、弟にもう少し優しくしてください。。。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日。

「あぁ。もう、抱きしめ続けなくていいんだ。」
って。

「次女はわたしが守る!って思ってたけど、もうその時期は終わったんだ。」
って。

「わたし以外の人に、こんな笑顔を見せるんだ。」
って。

思ったんです。

「彼女が、彼女の人生を自分の足で歩いていくんだ。」
って、
理屈ではなくって
姿から思い知らされた感じでした。

医師にもさじを投げられ
全身から血膿みを噴出す次女を抱きしめ
「彼女の人生と命をわたしが守る!」と決めたその日から

次女を抱きしめ続けてきました。

もしかしたら、
彼女を守るためのたてになりたい。屋根になりたい。毛布になりたい。
と、思い続けて抱きしめてきたわたしの手は
彼女のなにかをしばっていたのかも知れません。

でも
あのときのわたしはそれ以外の選択をすることを知らなかったし、
できなかった。。。。

そんなことにも
はたと気付き、立ち止まり、かみ締めることができる今。

かたくかたくかたくかたく
決してほどけないように抱きしめたその手を

ちょっとずつちょっとずつほどく準備をしています。

あまりにもかたく、かたくなに抱きしめてしまったから
思ったよりほどくのが難しくって
ちょっと手間取っています。

でも
ほどいた手を広げて
また、いつでも抱きしめることができるように。

彼女が大切する仲間や
彼女を大切にしてくれるひとたちも
一緒に抱きしめることができるように

おおきく大きく おおきく大きく
広げることができるような手を持ちたい。

今日も広がる碧い青い空と

今日も広がる次女の不機嫌なエネルギーとの狭間で

そんなことを感じた朝でした♪

 


5月21日(火)奈良県生駒市 未来会議 お金の学校
5月22日(水)大阪府交野市 未来会議 お金の学校
5月23日(木)大阪府大阪市 未来会議 わくわくを企画中
5月30日(木)東京都江戸川区 未来会議 親御さんのための性教育
5月31日(金)神奈川県横浜市 子育ていろは 未来会議
6月1日(土)神奈川県相模原市 「未来会議」&「未定」
6月12日(水)岩手県盛岡市 未来会議 お金の学校
6月13日(木)宮城県仙台市 未来会議 他
6月14日(金)栃木県宇都宮市 お金の学校
6月15日(土)群馬県桐生市 未来会議 お金の学校
6月22日(土)夏至 上越市 女を深める深い男でいる
8月18日(日)岡山県岡山市 内容未定

健康相談のご予約

通販のご案内

web-shop-banner-red2

関連記事

ピックアップ記事

2016.12.14

ホメオパスのわたしが ホメオパシーをすすめていないわけ。

わたし。。。 「ホメオパス」という「ホメオパシーの専門家」をしておりますが 基本的にホメオパシーやレメディをお勧めしておりません(笑) …

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る