2016年新潟県知事選を前にして。。。

来る!
10月16日は「新潟県知事選挙」の投開票日です!

わたしたち、新潟県民の代表を選ぶ日です!

今の生活も
未来に残していくものも
みんなここで決まってきます。

そんな大きな判断をも託し、信じ、支えていきたい!と、思える知事を選びたい!

一緒に新潟の土を!風を!水を!子どもたちを!守っていきたい!!と
感じることができる知事を支えていきたい!と
思っていましたし、今もそう思っています。そして、
お金よりも命が大事で
権威や地位よりも県民が大切で
大企業の黒い魂を売るようなささやきに屈せず、
県民の声をくみ取ってくれるような知事候補がいたならばなんとしても
企業や組織の波にのまれずに
不正選挙にも負けず
県民の意思表示として同じ方向を見据えてくれる知事候補を命を懸けて応援したい!」

思っていましたし、今も変わらずそう思っています。ですから
泉田現知事の「出馬の取りやめ」をうけ署名でも
デモでも
日報へのクレームでもなく「泉田県知事!今までありがとう!」

を伝えたくって。。。

fc2_2013-09-10_23-20-39-937

「知事がいたから安心して、誇らしく新潟県民でいることができました!」

って、思っていることを言葉にしたくって。。。。

「それなのに、【泉田さんだから大丈夫!】と勝手に思い込み、お任せしっぱなしでごめんなさい!一人ぼっちにさせてごめんなさい!」

って、失いそうになって初めて気づいたその気持ちを。。。

「泉田知事は、わたしたちのほこりだったし、自慢だったし、とてもとても強い人だと思い込んでいました。
そういったことにより、知事は決して一人ではなかったのに、一人で戦わなければならないような気持ちにさせただろうし、
知事を煙たく思う人たちにも泉田さんさえなんとかできれば。。。という気持ちにさせたんじゃないかな。と、思います。でも、もう一人にしない!絶対に!!!」

という、
気づきからの反省と決意を

なんとか
そのまんまの言葉や形や色や表情で届けたくって。

【嘆願書付きお手紙】を集めて
カラフルな本にして
とどけちゃおう!!
計画を立てました♪
dsc_0917

だって
講座の後のアンケートを見ても

「面白かったです」

「機会があったらまた受講したいです」

と、書いてあるだけよりも

その方その方の表情や背景を感じるような文面だったり。。。

一緒に来た子どもちゃんが食べちゃったんだろうなあ。アンケート用紙を
一生懸命広げてのばしただろうアンケート用紙に文字や絵がつづられていたり。。。

子どもたちをあやしながら書いたであろう
カタカタの文字が涙で(あ!よだれかも・・)にじんでいたり。。

文字数の多い少ないでなく

想いをこめて書いてくださった文字たちは

読んでもたくさんのものを伝えてくれるですよ。。。

だから

今回の一件で

「まさか???」

「そんな???」

「どうして???」

って大騒ぎした人と

そんな大騒ぎしている人の近くにいちゃって

「何かよくわかんいないけど
なんかものすごくやばそう!」

って感じてくれた人がいたと思うのだれど

その目ん玉飛び出そうで

その胸がつぶれそうで

なんだか得体のしれない恐怖の包まれた後

泉田さんに伝えたい気持ちがいっぱい出てきていて
そのあふれたおさまりのつかない気持ちを
形にしたら
きっと伝わるだろうな。って思ったんだよね。

泉田さんくらいの方が

このタイミングで出馬を取りやめるなんて

◎よほどのなにかか

◎民意を一つにしたり確認するためのパフォーマンス

って安易に考えて

後者であってほしいし

後者だったのであれば

それは県民に与えられたラストチャンス!

精一杯意思表示させてもらおう!!!

っておもったんだよね。

で、

【嘆願書付きお手紙】♪

ただ嘆くだけの嘆願書でなく
ただ人数が多いだけの署名でなく
ただのお手紙でなく

書き手も受けても
キチンと気持ちの伝達ができ、
なおかつ正式書類にもなりうるものを。
と、考え

「わたしは、泉田裕彦新潟県知事の3期にわたる活躍と勇気ある言動に感謝をし
第4期目の続投を強く希望いたします。
一緒に未来を考え、子どもたちに胸を張って残していける新潟をつくっていきたいです
支えていきます。泉田知事の再出馬を希望いたします。」


文言の想いに賛同してくれた方が、まずここに署名をしてもらい。。。

その下のたくさんのフリースペースに
それぞれの想いを
色や言葉や形や写真で
綴ってもらいました!

14241624_957825367673366_4364489510704298759_o

そして、

直接渡すことのできた700枚(県外者100枚)を超える第一弾と

「親展」で送る現時点での第二弾を

泉田知事に伝えることができたことをすごくうれしく思っております。

決して一人ではできなかったこと。

「大至急!第一弾分を送ってください!」

と、連絡したあのときには100枚にも満たなかった嘆願書。

「察してくださった」皆様が
次々と持参してくださったり
速達で送ってくださったりしました。

その束ねた嘆願書の重いこと重いこと。

そのたくさんの想いを託され、
胸を張って
堂々と手渡し想いの胸を伝えてくることができました!

ありがとうございました!

さて!

実はここまでが前置きです(笑)

わたしたちは

泉田現知事の続投が目標だったのでしょうか?

はい!

もちろん。それもそうです。

しかし

「新潟の未来を考える」

「安心で安全で平和で
命の危険性のより少ない
危険にさらされるリスクができるだけすくない暮らしをつくる」

という
なんとなくあたりまえに聞こえるかもしれないそのことを
守っていくことが
大切です。

ここが最終目標!!!

そのために
それらを阻むものを断ち切る必要がある。
ということ。

これから待ち受けている
新潟県に降りかかってくるたくさんの問題。

どうやっても
降りかかってくるのですけれど

その問題達は
どこからやってくるのでしょうか?

問題の一つ一つを
木から落ちてくる落ち葉だとしましょう。

落ち葉がわたしたちの頭に降りかかり
大変邪魔で迷惑なのだけれど

「落ち葉」は問題であるのだけれど

一枚の「落ち葉」だけを振り払っても
目の敵にしても

次の「落ち葉」も
次の次の「落ち葉」もどんどん振り落ちてきます。

じゃあどうする???

って話です。

わたしたちの目の前に落ちてくる
取っ払いたい「落ち葉」も問題なのだけれど

その「落ち葉」は「木の枝」についていて

その「木の枝」は太い太い「幹」から広がっており

その「幹」は太く大きな「根」を張り巡らせており

その「根」は大きな大きな広く安定した「大地」に支えられている。

しかもその「大地」はとてもとても豊かで栄養に富んでいる。

としたならば

わたしたちは
「落ち葉」の取り扱いをしながらも

その「目の前に落ちてきて目障りな落ち葉」の大元を知らなくてはいけない。

ってことです。

「目の前に落ちてきて目障りな落ち葉」だけに
関心を持ち
腕をぶんぶん振り回し
全力で落ち葉を振り払うことにすべての力を使い切ってしまっていてはだめです。

ってことです。

さあ!

鈍っている感を研ぎ澄ませて参りましょう♪

 unnamedunnamed-1

 

セミナー情報

10月26日(水)上越市内 ワクチンセミナー
10月27日(木)東京都内 鉄火味噌作りの会
10月28日(金)東京都内 午前:親子で聞く性教育
10月28日(金)東京都内 午後 政治のお話 国民投票編
10月30日(日)富山県富山市  おんな前&ちんちんのお話
10月31日(月)石川県金沢市 おっぱいの秘密
11月3日(木)文化の日 東京都渋谷区 いいお産の日イベント
11月19日(土)群馬県伊勢崎市 暮らしのNGいろは
11月20日(日)栃木県宇都宮市 「牛乳のお話」 「どうしてわかってくれないの?体の基本と男女のお話(性/脳/役割/文化)」
12月3日(土)または前後 愛媛県 内容未定
12月4日(日)兵庫県神戸市 内容未定


健康相談のご予約

通販のご案内

web-shop-banner-red2

関連記事

ピックアップ記事

2017.11.27

マツリテメクル

マツリテメクル!   マツリ!祭り!まつる! メグリ!巡り!めぐる! ゴエン!ご縁!つむぐ! クラシ!暮らし!くらす! …

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る