【夏至の集いについて】

穀雨のとき。

春の土用真っ盛り。

立春から八十八日目の、茶摘の時期が迫ってきております。

例年なら、
「女を深める・深い男でいる」の
絶賛ご案内中のころですが

今年は「内観」のお知らせをさせていただこうと思っております。

昨年の開催時に
「次は沖縄で!」と
盛り上がってもいたのですが

庚子の今年、
講師陣たちをとりまく暮らしや環境の変化もあり

さまざまなシフトの時でもあったことが重なり
幾度も想いを重ねることを行なってまいりました。

結果として

今回は
それぞれの内観の時間を経て

その後に
4人で集いあい
エネルギーを外側に向けずに
5年目の節目を育む。ということで

それぞれの
そして、われわれの「女性性」を深め・それらを受け止めてくれる「男性性」の深さを感じる。ということをいたしたいと思います。

4人(と家族たち)でその時空間を共有できたときに
また、
新しい方向性やご報告ができると思います。

その時まで
しばらくお待ちくださいませ♪

いつも夏至に皆様が想いを寄せてくださることに感謝いたします。

ありがとうございます。

みなさまの暮らしも
穏やかで健やかにお過ごしになれますことを祈っております。

小島利恵

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2016.12.9

感染症の取り扱いについて。あたりまえの勘違い。

インフルエンザの声も聞こえてきて 冬季の嘔吐下痢の流行も訪れ始め みなさまいろんな意味でどきどきの季節ですね。 ◎風邪は「かかるも…

おすすめ記事

過去記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る