値下げ宣言!とたねまきの意味。

子育てのこととか
健康のこととか
夫婦のこととか
愛のこととか
政治のこととか
暮らしのこととか
とかとかとかとか。。。。。(笑)

いろいろ感じるままに
好き自由に書いていると

「こぢまさんみたいに影響力のある方がそんなことを言わないでください!」
とか
「知名度があるといいですよね」
とか
言われる。。。。

う~ん。

初めて講座をしたのは
14年まえ!?

うちの次女のアトピーが
猛烈な勢いで治り始め
「どうやって治したの????」
攻撃がとまらなくなり

「怪しいやつ!」
「宗教!!!!」
では逃げ切れなくなり

わたしの次女の担当ホメオパスで命がけで次女を守ってくれた
井上真由美さんを上越に何度も講座で招く♪

彼女の影響を受けて
ホメオパシーの学校へ行き
卒業。。。。

で、
再び井上さんを上越に招くと
まさかの「自分で講座をしなさい。わたしは上越へは行かない」と断られる。

ひえ~~~~~~。
と、思いつつ
精一杯2時間の話をさせていただいたのが始めての講座。

水分補給用の水筒に
アージニットとライコポーディアムとアコナイトを溶かして
ものすごい勢いで飲みながら
わけのわからない講座をした(笑)

このときの参加費800円。(確か。。。)

その講座の出来があまりにもひどく
今でもトラウマになってくらい悲しくって申し訳ない出来上がりだったから
もう一回やり直し講座をさせていただく。

このときの参加費。
マイナス800円(笑)。

800円分のお菓子を出して
無料で聞いてもらった♪

ようやく努力だけ
認めてもらった(笑)

そのあと
大好きな兄貴分の上武由夏ちゃんに
「心とカラダと地球にやさしい布ナプキンセミナー」を群馬県でわたしのお誕生日に開催してもらう。

kankyo_np3

助産師さんもこられている。
という話を聞いて
本気で倒れる。。。。

支離滅裂を超えたパニクリ具合で講座までの3日間
のまず食わず眠れずですごし
想像通りの撃沈。。。。

でも、ゆかちゃんはわたしのために
懇親会と誕生日パーリーを開いてくれて
まんまのリバース沈没。

そのころはホテルにタクシーで帰るお金も
ホテルに泊まるお金さえなくって
ゆかちゃんのサロンに倒れ死なせていただく。

このときの講座参加費2500円。
布ナプキン製作キットつき。
そんな講師スタートなわたし♪

060905_1212~02

ちょっとずつ人前で話すことにもなれて
3人以上人が集まるとはきそうだったのに
5人くらいまで大丈夫になり。。。。

子どもさんづれでもオーケーにしたい!と
切望したことから
子どもさんばかりが増え続け
最終的に誰が子どもで誰が親で
それぞれ何人で
大人が多いのか子どもが多いのか
元気な子が多いだけなのか
さっぱりわからないけれど
伝えたいことが多すぎてなんとなく10人の壁を越える(笑)

そのまんま
子どもさん連れさんでも聞くことのできる
聞きたいと思える
乳くれながらでも苦痛なく聞くことのできる構成を考え始めると
「伝えたいこと」より
「みんなが聞きたいこと」を知り、そこを満たす情報を提供することが大切だと感じる。

そして
いつの間にか全国からオファーが来るようになり

それでもぜんぜん地元から
離れることができないわたしを見かねて
「夏休み」とか「サマーホリデー」とかを使って
全国とか全世界から新潟の上越まで人がきてくれるようになる!!!

それでも
ねたの種類が少なくって
メインはホメオパシーだったりもしたものだから
田舎のおばちゃんが地元を離れてなんになる???

困ったときにすぐに!
一番近くに!
いることのできる治療家がもっとも大事!

だと思っていたので(これは今でも思っている。。。)
まったく新潟を離れず地味な活動を続ける。。。。

抱っこ紐

で!
東日本大震災!!!

「あ!地元で地味にやっていても
ぜんぜんまにあわん!!!!」
的な勝手な焦りを感じ。。。。

引き寄せたかのように
笠原ひろみホメオパスの紹介で
立花あいかしゃんとの出会いがあり

いつの間にかいつの間にか
本当に一月も空けることなく
全国を行脚させていただくおかあちゃんにならせていただきました!!!

ありがとうございます。。。。

で、
わたくし自身はあまり頭がよくないので
算数ができません。

地元の講座開催ですと
大体の講座費用は換算できるのですが
遠方になるとそこに交通費が発生してくるわけですし

会場が都会になると
鼻から羊水が出るんじゃないか???と思うほどの会場費が発生してくるわけですし

講師を招致すること
を、お仕事にされている方が企画してくださると
わたしごときでもそれなりの金額を打ち出さないと
その方のお仕事は成り立たないわけですよね。

そんなこんなで
「参加費」とか「講師代」とかの
捻出の仕方が今まで以上にわからなくなってしまっているわたしです。

だからといって
近郊の講座はお手軽価格で
遠方はめんたまが飛び出るほど高いというのもおかしな話なんだ。
などとたくさんの視点からの
たくさんのアドバイスを
主催をしてくださる皆様を中心に教えていただく。
(ばかってお得♪)

確かに
たった二時間一こまの講座をする。

という設定においても
所要時間は二時間ではないわけでして(笑)

数日。
ものによっては数年。を要していることも多々。

さらに
その日、その会場へ向かうので
数日自宅をあけるための
食事の準備、おいてくる子ども達の身の回りの準備、日常でしているのにできなくなる送り迎えや安全を守るためにタクシーの手配、バス代、電車代、食事の手配などなどなどなど。

そんなこんなを考えますと
参加費3000円で10人あつまれば万々歳。
2時間で3万円あれば時給15000円でいいね。
的に見られますがそうではなくって・・・・。

そんなこんなが
言い訳や見直しが重なり重なり。。。。

いつの間にか
わたしの基本講座が6000円+税が基準となっております。

でもね。

何度考えても
何度経理さんと話しても
何度も成功開業女子たちの説得を受けても

【6000円は高い!!!!!】
と、われながら憤慨いたします!!!

普通の母ちゃんにとっての6000円って
どれだけだと思っているんだ!!!!????

という気持ちが
押さえきれなくなって参りました。

もともとは
税理士さんや
経済を知っている方に
「こぢまちゃんのやり方では
NPOにもなれないね。
ってか、ボランティア以下。
意味わかる???持ち出してんだよ!
働けば働くほど赤字!!!
扶養なんて一生外れないから!!!」
って言われたのが見直しのはじめ。

でもね。
でもね。

「経済的に」赤字でもいいや♪って(笑)
「扶養を外れることができない」=自立できない自営業(笑)でもいいや♪って。
「子ども達の食べるものさえ確保きる」のであればそれでいいや♪って。

ほんでもって
わたしの持っている情報を
必要としてくれる人に届けることができればいいや♪って。

やっぱりどうしても
そこに行き着いてしまうわけですよ♪
(あ~。ばかだね。いっちゃったよ。この女。って
みんなが頭を抱えていること、知ってて今回は書いているからおこらないでね♪)

って思うと
「影響力ってなんだよ!」
「知名度って何だよ!!!」
「何にも変わってないよ!」
って思っちゃうんだよね。。。。

ということで
「マニアックなもの」はそれなりに。。。

「はじめてかあさん」にはやさしく。。。

初心忘れずにいきたいと思います!!!

まずは
冬のワクチンセミナー「今年はどうする!?インフルエンザ!!!」

「子育て講座。これだけは避けたいNGいろはの『い』」
くらいを「はじめてかあさん」対象講座にして初心に帰りたいと思っております。

同じ想いでいてくれている母さんたち
どうぞよろしくお願いいたします!!!!!

※って話をすると
わたしを最低出資で招致してたくさんの参加費にされる方とか
値踏みする方とかおられるのですが
そういう目的ではなくって。。。。

気づき、学び始めるとどんどん学びを深める方もおられるし
そのハードルが高くきっかけを失うほど忙しくあられる方々もおり、

わたしは後者の方の足元に忍んでいたいとも思うのです♪

ですので
【たねまき】でいたいし
【たねまき】がしたいし
【たねまき】が一番かっこいい任務だと自負しているのです♪

うふふ♪

unnamed-2 unnamed-3


セミナー情報

10月26日(水)上越市内 ワクチンセミナー
10月27日(木)東京都内 鉄火味噌作りの会
10月28日(金)東京都内 午前:親子で聞く性教育
10月28日(金)東京都内 午後 政治のお話 国民投票編
10月30日(日)富山県富山市  おんな前&ちんちんのお話
10月31日(月)石川県金沢市 おっぱいの秘密
11月3日(木)文化の日 東京都渋谷区 いいお産の日イベント
11月19日(土)群馬県伊勢崎市 暮らしのNGいろは
11月20日(日)栃木県宇都宮市 「牛乳のお話」 「どうしてわかってくれないの?体の基本と男女のお話(性/脳/役割/文化)」
12月3日(土)または前後 愛媛県 内容未定
12月4日(日)兵庫県神戸市 内容未定


健康相談のご予約

通販のご案内

web-shop-banner-red2

関連記事

ピックアップ記事

2015.5.31

吉村せんせ

わたしね。。。 あかちゃんとか 妊婦さんとか おっぱいとか あかちゃんのおしりとか とかとかとかとか あったかくって …

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る