インナーチャイルド・・・・

「インナーチャイルド」って何なんだろう???

「わたしのなかの、ちっちゃなわたし」って何なんだろう???

「わたしの中で、今も泣いて叫んでいる、ちっちゃなころのわたし」って・・・

そんなことをいうわたしだって
生まれたときから、こんなにふてぶてしいおばちゃんなわけではなかったのです♪

それなりに♪

子どもとしても
女の子としても
傷ついてきたかな。

看護婦として
ホメオパスとして
講師として
ママ仲間として

いろんな方と出会い
話を聞いてきても
やっぱり結構 人並みはずれた過酷な幼少~少女時代だったようにも思います。

でもインナーチャイルドの「ちっちゃなりえちゃん」はわたしの中にはいなくって。


トラウマもあるし
思い出すだけで泣けたり
怖くなったりするような経験があったりするけれど
それは「経験」でしかありません。


今日は。。。。。
すっごく厳しい話をするのかもしれないけれど
必要なタイミングで
この記事と出会ってくれた人を
必要以上にえぐらずに
でも、「ちっちゃなわたし」を卒業して「今のわたし」を生きる決断のきっかけになれたらうれしいです。


出会っている方にはいつも伝えているのだけれど

「わたし、不妊症なんです」
「アトピーが治らないんです」
「自分に自信が持てないんです」
「わたしって◎◎なひとじゃないですかぁ」
「わかってるんですけど、難しいんです」
って、相談してくださる方にいうんです。

「そう決めているんだね」って。。。。(←きついな~。。。)

「できない」って。
「治らない」って。
「わかってるけどできない」って。

そいういう言葉を使いながら
「できないから、やらない」
「どうせなおらないんだから、がんばるのだってつらい」
「だって、おかあさんがかわってくれないんだもん」
「やりたいし、つづけたいけど、おかねがないから」

って、できない言い訳を探して

自分を正当化して
自分以外のところに理由やできない言い訳を探して
「やらない」んだよね。

そんなこんなで
ずっと「インナーチャイルド」にしがみついている人は
「インナーチャイルド」のせいにしている人は
ずっと「おかあさん」(お父さん、家族、環境など)のせいにしているだけなんだと思う。

そりゃ
本当に大変で、苦しくって
よく命を傷つけずに生きる決断をしてきたね!!!!!!!
って、強く強くHUGしたくなるような方ももちろんおられるけれ

そんな方ばかりでもないんじゃないかなぁ。と、感じまする。。。

とうちゃんがいて
かあちゃんがいて
自分がいる。

その自分の命を奪わずに育ててくれた
守ってくれた誰かがいる。

それでいいんじゃないかなぁ。

そこからどう生きるか!!!???

だよね♪

わたし自身の体験だけで言えば
鬼のような父がこわくてこわくて仕方がなかったので
父を殺すか
自分が死ぬかしか
この恐怖から逃げ出す方法はないと思って生きていたんだよね。

でも
成長するうちに
自分の決断と
自分の時間と
自分の足で
生きることができるようになってきたら

父はもう怖い存在ではなかったし

だからといって
父を脅すようなことなんてまったくなかったし

でも
「大好き」には到底なれなくって

なんとなく「この人がわたしの父親なんだなぁ」って漠然と考えてた。

「わたしの大嫌いな部分を持っているこの人の遺伝子が自分の半分を占めているんだなあ」って思ったら、将来自分がどんな母親になってしまうのだろうか。って不安になったことはあった。

結婚して子どもができなかったときは
「こういう遺伝子を残しちゃいけないから、神様ができなくしてるのかな」って考えた(笑)

「虐待を受けた子は虐待をする親になる」って記事を見て
妊娠できなくてよかったのかも。とも思ったこともあった。

でも、それっくらい(笑)

結局、
妊娠して
妊娠を継続できて
その命を産むことができて
必死に守っていたら

「やってもらえなかったけど、やってほしかったこと」
「こういうときにかけてほしかった言葉」
「どんなときでも信じてほしかった気持ち」
を、ぜんぶ子どもたちにしてあげることができたんだ♪

そしたら
なんだか ぜんぶまるっと 何でもよくなった♪

そしたらそしたら
自分を殴り続けていた父親の言い訳も見えてきたし
ぜんぜん愛してくれなかった(と感じていた)母親の背景も見えるし

そんな環境の中
守り続けてくれていた大人がいたことにも
お腹のそこから感謝できたし

その上で
父親って 自分の最大限でわたしを愛してくれていたんだな。とも思えてきて
大切にされた記憶とか思い出した(笑)
20年ぶりだったな。

父が他界してから10年たってた。。。

母親が
わたしの子どもたちを愛してくれる姿を見て
「環境が整えば、こんな風に愛してくれたんだろうな」って思った。。。。

わたしの子どもたちとのかかわりを見て
母親に「りえの子育てを応援したいよ。そんな風にあなたを育てたかった。」って
言ってもらったのが40歳の誕生日のころ。

驚いたけれど
「わたしは 母ちゃんの子どもで生まれてきて本当によかった!」としか思えなかった。

そしてね。。。。

そんな風に
比較的穏やかな子育てに見えたり
落ち着いた子育てができているように見えるかもしれないわたしですが
(自分ではまったくそんな風に思ってなくって
いっぱいいっぱいの、めいっぱいの、精一杯なのですよ!!!)

わたしがしてほしかったことを
子どもたちにちゃんとやってあげているつもりのわたしでもありますが

子どもたちにとったら
不満がいっぱいなんだよね(笑)

たとえば長女。

やりたいことを十分にやらせてやりたい!!!と
長女の未来に向かう希望を精一杯組んでいると
どうやらなんやらお金がずいぶんかかるわけで。

でも「お金がないから応援できない」って言いたくないから
看護業務を増やしたり、土日の勤務を増やしたり、
夜勤を考えたり、出張を増やしたり、自分の美容院に行く回数を10分の一にしたりしてたいおうすると
「申し訳ない気持ち」でいっぱいになるらしい。

「そんな気持ちはいらないから、どっぷり、がっつりがんばればいいさぁ!」というと
実はコツコツが苦手な自分にとって激しいプレッシャーだったりするらしい。

たとえば次女。

食べ物だけでなく
いろいろなものにアレルギーやら過敏性やらある彼女はうちの「安全指針」のセンサー。

だから なおさら
「みんなとおんなじじゃなくっていいんだよ。自分で自分の快不快がわかればいいんだ」
って、いつも話す。
けれど、次女は「みんなと一緒♪」がだいすき♪

お洋服も、メイクも、流行も、聴く音楽も、たべるものも、入るお店も。
だから「まわりにまどわされなくていい。振り回されなくていい」っていうわたしには
うが~~~~~~~~~~~~っ!!!!!!って、なるみたい。

さらに長男。

「あなたはどうしたいの?」
「自分の気持ちで考えて、自分の言葉で伝えてほしい」
っていうと、自分の胸をわしづかみにしてのた打ち回りたくなるほど

結構、感覚でしか動いてません男子であり
できれば、かあちゃんの機嫌がよくなるためのポイントを支持してくださいよ的男子です。

追い討ちをかけるように
「かあちゃんはあなたががんばるのを精一杯応援したい!!!」とか
わたしがいっちゃうもんなら プレッシャーで窒息しちゃいます♪

だから
親の気持ちとか
必死な「命を守る」とか
「今のわたし(親として)できること」とか
めいっぱいなんだけど

ぜんぜん子どもになんか伝わってなくって

ぜんぜんわかってくれないとか
トラウマとか
インナーチャイルドとか
幼いころのいやな記憶とか
いわれちゃうんだろうな。。。笑

ということで
長くなりましたが

ちっちゃなころのつらかったり苦しかったり悲しかったりする記憶よりも
もっともっとたくさんの【生きててよかった!!!!!】体験をしていくことを決めてほしいと思います!!!

忘れなくていい。(忘れてもいいよ~。)
塗り替えなくていい。
「経験」として存在していていいから

そのころより
数百倍楽しい毎日を生きていく決断をしてほしいと思います!!!

「いろいろあったけど幸せになっちゃったなぁ~。」って
「人生、まんざらでもないよ」って
「つらいこともあるけれど、その経験の分だけ幸せになるんだよ!!!って、わたしが証明したよ!」って

みんなから たくさんのこどもたちにいってあげてほしい。

今こそ!
幸せになる覚悟を♪

自転車に乗るまで何回転んだ???

なんどすりむいた???

何度ぐしゃぐしゃなひざっこぞうでうちに帰った???

そこであきらめたら
今でも自転車になんか乗れないじゃんね。

すいすいと自転車に乗れるようになった今。
「転んでばかりのあのころ」を思い出して、転んじゃうこととか、乗れなくなっちゃうこととかないじゃん。

それって
転んだ回数よりも

思い通りに乗れることのほうが断然増えたから!!!

傷ついた回数よりも
傷の深さよりも

今まで行くことのできなかった場所にいくことができた
感動や世界の広がりが勝ったから!!!

さあ!!!

 

【幸せになる覚悟を!】

【自分の人生を自分で生きる覚悟を!】

【できない言い訳をすてて、どうしたらできるかを考え、行動する決断を!!!】


ね~~~~~~~~♪

 
 

 


こぢまのスケジュール 【開催日・開催場所・内容】

 
6月3日(土)東京都北区 カモンベイビー&ワンモアベイビー
6月15日(木)埼玉県大宮市 内容未定
6月16日(金)千葉県長生郡 千の葉学園にて「子どもの病気の困った?こんな時どうすれば?」 
6月21日(水)上越市 昼・夜 こぢまの栄養講座 1:脂質
6月24日(土) 愛知県名古屋市 「女を深める・深い男でいる」
6月25日(日) 愛知県一宮市 「~母から女へ~更年期を考える」
7月13日(木) 高知県 内容未定
7月20日(木) 新潟県出雲崎 子どものげんきのミカタ1Dayダイジェスト
9月5(火)6日(水)  上越 ワクチンセミナー講師4期養成講座
 9月12日(火) 三重県 内容未定
9月21日(木) 上越 ワクチンセミナー講師フォローアップ講座
9月22日(金) 上越 免疫講座(クローズかも)
9月27日(水) 宇都宮「子どもの成長を妨げない親でいる」「~母から女へ~更年期を考える」
10月23(月)24日(火) 大阪 ワクチンセミナー講師4期養成講座
10月25日(水) 大阪? 免疫講座(クローズかも)
10月26日(木) 大阪? ワクチンセミナー講師フォローアップ講座
11月3日(金)文化の日 いいおっさんの日イベント
11月28日(火)福岡 内容未定
12月11日(月) 三重県 鉄火味噌作り+何か
12月23日or24日 上越 クリスマスクッキング

健康相談のご予約

通販のご案内

web-shop-banner-red2

 

関連記事

ピックアップ記事

2015.7.13

なりたい私になる!!!

前回もちょっと書きましたが 私セミナーオタクでですね(笑) 興味あるもの 好きそうな人 知らないこと に関して …

今月の予定

おすすめ記事

過去記事

オススメされている記事

この記事をFBフレンド・グループに送る

ニュースレターを購読できます

お読みになった記事はお役に立ちましたか?
最新の情報をメルマガでもお届けしてます。
登録お待ちしてます。

ページ上部へ戻る